五反田「たっくたっく」のからあげ弁当が美味しい!

たっくたっくのからあげ
超人気の「唐揚げ弁当」。

五反田でガッツリ系の弁当ならここ!

五反田の弁当店「たっくたっく」
ある意味で、歴史を感じさせる店構え。私は好きだ。

五反田駅西口から徒歩6~7分、大崎広小路駅のすぐ近くにあるテイクアウト専門の弁当店「たっくたっく」

どこかで時間が止まったような店構えが逆に目を引くが、どういう弁当を出しているのかという情報を得るためには店内をのぞき込まなければならず、そうすると店の人に声をかけられてしまう。したがって、今どきの人たちは基本スルー。

と、なりそうなものだが、実はこの界隈ではかなりの人気店

お昼ドキのたっくたっく
昼時の「たっくたっく」は大盛況。若手のお客さんが多い。

近くにある立正大学の学生やビジネスパーソン、大崎警察署の警察官まで、幅広い層から支持を集めているのだ。

もし、五反田駅西口、大崎広小路エリアで在勤、在学、在住なら、特にランチのテイクアウト弁当の選択肢にぜひ入れてほしい

基本データをチェック

「たっくたっく」のメニューは、人気の唐揚げ弁当(500円)、ノリ弁当(400円)のほか、カレーやヒレカツ、日替わり弁当など。

日替わり弁当(650円)のラインアップは、

  • 月曜:特製弁当、生姜焼き弁当、チキン照焼弁当
  • 火曜:ミックス弁当、チキンカツ、煮込みハンバーグ
  • 水曜:オムライス、チーズメンチ、和洋弁当
  • 木曜:焼肉弁当、若鶏の旨煮、ヒレカツセットorロース豚カツ(隔週)
  • 金曜:チキン竜田、洋食弁当、お好み弁当
  • 土曜:サービス弁当(550円)
たっくたっくのメニュー
電話注文で予約することもできる。支払いは現金のみ。

そして、気になるご飯の量は、

たっくたっくのご飯
容器の重さ込みでこれ。

普通盛りで約270gとかなりのボリューム。

重さを量って盛り付けるというよりは、容器にピチピチに詰める感じ。

ミッチリ詰まったご飯。容器のフタのあとがついている。

昼時は、一部の人気メニュー(後述)が多めに作り置きがされていて、待ち時間ゼロで購入できるのもうれしい。

覚えておきたい“作法”がある

たくさんのメニューがそろっているように見える「たっくたっく」だが、実はどれを頼んでもいいというわけではない

唐揚げ弁当

ノリ弁当系(ノリ弁当、ノリ唐、ノリ唐めんたいなど)

日替わり(売り切れ次第終了)

以外は、かなり待たなければならず、気軽に注文すると「時間かかりますよ」と苦言を呈されることに。

日替わり弁当は実物が店頭に並べられている。なければ売り切れ。

定番の唐揚げ、ノリ弁系以外のメニューを食べたい場合の解決策としては、

①サラリと注文して「しばらく後で取りに来ます」と伝える

②数人分の弁当を電話注文して、その中に混ぜる

③日替わりで食べたいおかずが来るのを待つ(火曜のハンバーグ、木曜の焼肉など)

という3つがあるので、ぜひ検討してもらいたい。

絶品やみつきの「唐揚げ弁当」

「たっくたっく」の不動の人気メニュー「唐揚げ弁当」

見た目はシンプルで、大ぶりの唐揚げが3つ(1つ50g前後)に、昆布の佃煮、サクラ大根(これがうれしい)。

メインの唐揚げは、にんにくが効いていて、塩味強め&甘みもあるので、ご飯にベストマッチ。鶏肉を長時間つけだれにつけ込んでいるようで、中までしっかり味がしみている※一度、おやっさんに「今日はつけ込む時間が短かったから、味が薄いかもしれない。しょうゆつけとくよ!」と言われ、しょうゆをつけてもらったことがある。

たっくたっくの唐揚げ
これは撮影用に包丁で切った。

衣はクリスピーで薄め

揚げたては、衣サックサク、中は肉汁たっぷりの仕上がりだが、

少し冷めて、衣は少ししっとり、肉汁が落ち着いた状態もうまい。

唐揚げ+マヨ
ちょい足しは、後半に。

ちょい足しするなら、やっぱりマヨネーズ

マヨネーズのコクと酸味が、食欲をブーストさせてくれる。

たっくたっくの唐揚げとご飯
バウンドに意味はない。

白飯と唐揚げ+マヨ。

白飯を口いっぱいに含み、鼻から抜ける唐揚げの豊かな香りも楽しみながら、ゆっくり咀嚼しよう。

バラエティ豊かな派生形「ノリ唐めんたい」

太陽の光を浴びて輝く「ノリ唐めんたい」

「唐揚げ弁当」と並ぶ人気を誇るのが「ノリ唐めんたい」(530円)。

白身魚のフライ&ちくわ天に、絶品唐揚げを一粒プラス。付け合わせは、きんぴらゴボウとサクラ大根という安心のラインアップ。

ご飯全体に、薄めに明太子。

ノリで封じ込められたご飯には、もちろん明太子。

味の濃いオカズに、明太子ご飯。かなり危険な組み合わせだが、これがうまい。

器込みでぴったり500gだった。

写真で見ると、こぢんまりしているように見えるかもしれないが、たっくたっくらしく、やはりご飯はみっちり、ピチピチに詰め込まれていて、全体で500gという、安心のボリューム感。大学生なら夕方までバッチリ、私のようなおじさんは遅めの夜まで空腹を感じることはないだろう。

外観にだまされるな! 味を感じろ!

イチゲンは入りづらい、注文しづらい「たっくたっく」だが、作法を知った上で注文すれば、最高のテイクアウト弁当が食べられる

女性のファンも多く(印象としては全体の1割程度だが)、特に唐揚げは一度は食べる価値があるいや、ヘビーリピートする価値がある

待たずに、確実に食べたいなら、12時~12時半くらいのランチタイムに訪れてほしい。13時以降になると、一時的に唐揚げが品切れになる時があり、10~15分程度待たなければいけなくなることも。

なにはともあれ、「たっくたっく」は最高!!

今後もメニュー紹介を更新していく予定なので、お楽しみに!